topimg.jpg

「紫雲国語塾」のオフィシャルブログです。
塾内通信「紫のゆかり」「ことばのちから」に掲載された記事をご紹介します。
また、最新行事についてお知らせいたします。

2018年08月29日

101年目の孤独――希望の場所を求めて

51JFPUEK6mL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg
高橋源一郎
岩波書店 1,800円+税

朝日新聞に、作家・高橋源一郎さんによるルポルタージュの大きなコラムが定期的に掲載されていました。個人の幸福と富の追求ばかりが無前提に信じられている時代に、そうではない視点を示してくれる、数少ない文章でした。そもそも、作家という職業の人たちが、必ずしもみんな現代という時代にコミットしているわけではないでしょう。現代に自ら関わる作家である彼の、「著者初のルポルタージュ」として世に出た、この本をぜひ読んでほしいです。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 14:04| 大分 ☀| Comment(0) | 紫雲の本棚から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

国語専科教室(大分・別府) 2018 夏期講習

国語専科教室 大分教室・別府教室 「2018 夏期講習」のご案内をお届けいたします。
みなさまのお申し込みをお待ちしています。

続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 18:56| 大分 ☔| Comment(0) | 紫雲コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫雲国語塾 2018 夏期講習

「紫雲国語塾2018 夏期講習」のご案内をお届けいたします。
みなさまのお申し込みをお待ちしています。

続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 18:53| 大分 ☔| Comment(0) | 講習会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

LINE@の公式アカウントを取得しました

LINE@の公式アカウントを取得しました。
さまざまな情報を発信していきます。
ぜひフォローをお願いします。(K)

posted by 紫雲国語塾 at 14:12| 大分 | Comment(0) | 紫雲コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

紫雲国語塾 2018 春期講習

「紫雲国語塾2018 春期講習」のご案内をお届けいたします。
みなさまのお申し込みをお待ちしています。

続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 19:57| 大分 ☁| Comment(0) | 講習会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国語専科教室(大分・別府) 2018 春期講習

国語専科教室 大分教室・別府教室 「2018 春期講習」のご案内をお届けいたします。
みなさまのお申し込みをお待ちしています。

続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 19:51| 大分 ☁| Comment(0) | 講習会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

穴/HOLES 

81xEQq5npHL.jpg
ルイス・サッカー
幸田 敦子
講談社文庫 620円・税込

ある日、主人公の少年、スタンリーは無実の罪で少年矯正施設に収容され、一日ひとつ、大きな穴を掘るという罰を科される。監視役の大人たちの理不尽さなどに苦しめられながらも、スタンリーは周囲の仲間と協力しつつ、苦境と戦い続ける。そんな中で、この穴掘りが単なる矯正を目的としたものではなく、何かを探すためのものであることを知ったスタンリーたちは……。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 14:02| 大分 ☀| Comment(0) | 紫雲の本棚から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

紫雲国語塾 2017/18 冬期講習

「紫雲国語塾2017/18 冬期講習」のご案内をお届けいたします。
みなさまのお申し込みをお待ちしています。

続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 17:20| 大分 ☁| Comment(0) | 講習会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国語専科教室(大分・別府) 2017/18 冬期講習

国語専科教室 大分教室・別府教室 「2017/18 冬期講習」のご案内をお届けいたします。
みなさまのお申し込みをお待ちしています。

続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 17:06| 大分 ☁| Comment(0) | 講習会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

いのちの半ばに

いのち半ばに.jpg
アンブローズ・ビアス
西川 正身
岩波文庫・絶版

「国語力をつけるにはどうすればいいか」という質問を受けることが多い。ところがこの質問をされる方は、必ずと言っていいほど、質問した瞬間にご自分で答に気づいた表情をし、私がおもむろに「読書が…」と口を開くと、「やはり…」となる。「読書」は、本当は当然の行為なのに、いつのまにか、趣味や嗜好性の一部に取り込まれ、「読書しない」という個性があるかのように語られる。あるいは、「読書したら国語の成績が上がる」かどうかで、読書という行為の価値を計ろうとする。「これを飲めば痩せる」というのは、商業主義の好む論理であって、それを読書に当てはめるのはあまりにナイーブだ。宿題の山、試験の嵐、部活動の疲労、といった苦難の中、どうか読書をしてほしい。その意義は、テストの成績ではなく、あなたの思考力をつくり、感性を育て、判断力を高め、想像力を大きくする。読書は、あなたの人間形成に寄与する、もっと高い次元のものだとわかってほしい。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 18:27| 大分 ☔| Comment(0) | 紫雲の本棚から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする