「紫雲国語塾」のオフィシャルブログです。
塾内通信「紫のゆかり」「ことばのちから」に掲載された記事をご紹介します。
また、最新行事についてお知らせいたします。

2019年02月07日

国境のない生き方―私をつくった本と旅

51xOx6QREqL._SX316_BO1,204,203,200_.jpg
ヤマザキマリ
小学館新書 740円+税

お子さん3人を全員、東大理Vに入れた「佐藤ママ」が話題だが、ご本人のテレビ出演での話を聞いてみれば、どういう人生を設計するかの一つの冷静かつ現実的な選択だった。努力できる範囲の選択は、自分でコントロールしようとするその価値観は、それほど非難すべきものにも思えなかった。
翻って、この本の著者、ヤマザキマリさんは、お母さんの敷いてくれたレールが「大自然と旅、そして書物が、娘を育むための大事な要素」というもの。「世間の壁や経済的困難に直面することになっても惑わされない意志が身につくよう育てよう、まずは世界の、地球の広さを教えてあげよう、というのが教育方針だった」。世界をめぐる旅と、その折々に読み影響を受けた本で、著者の半生を振り返る一冊。
著者はもちろん、映画化もされた漫画 『テルマエ・ロマエ』 の作者。彼女がなぜあの漫画を生み出すことができたのかも、この本を読めば、なるほどと思わされる。イタリア、温泉、漫画、のどれもが、彼女の人生を形づくっていたのだ。
各章には、人生のエピソードとともに、必ず「本」が紹介される。したがって、ヤマザキさんの経験に驚いたり、感心したりするだけでなく、説得力のある読書案内として読むこともできる。彼女の語る人生への深い考察は、この本を、表紙の楽しげなデザインよりもずっと重みのあるものにしている。(K)2016年2月             
posted by 紫雲国語塾 at 20:12| 大分 ☔| Comment(0) | 紫雲の本棚から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。