「紫雲国語塾」のオフィシャルブログです。
塾内通信「紫のゆかり」「ことばのちから」に掲載された記事をご紹介します。
また、最新行事についてお知らせいたします。

2011年12月04日

YUJI PLAYS BACH(高橋悠治)

alb_219948_big2.jpg
数年前に放映されたNHKの特集番組で、評論家の吉田秀和さんが、奥様の死の悲しみの間、音楽を聴く気もしなかったが、バッハだけは邪魔にならなかった、と言われていました。バッハの音楽ならどんな時でも傍に寄り添うのだと思います。

バッハの音楽をBGMとして多く流しています。

この盤は、現代音楽に精通する高橋悠治が1975年に録音したもので、その後も何度も復刻された名盤です。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 21:12| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

ブラームス/ドイツ・レクイエム(ジュリーニ)

4105070668.jpg
秋にふさわしい音楽をと考えて、少し渋すぎるかもしれませんが、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」を。最近は演奏会でも頻繁に取り上げられるようになった印象があります。

続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 12:48| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

バッハ/ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版)

bgv.jpg

この「ゴルトベルク変奏曲」は、変奏曲の名の通り、最初に提示された「主題」をさまざまに「変奏」していきます。そして、最後にまた「主題」に回帰します。全曲を聴き通すと、まるで大きな旅に出て、心の洗濯を終えて戻って来た感じがします。

続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 17:23| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

モーツァルト/ピアノ曲集(フォークト)

34898b70.jpg
ドイツのピアニスト、ラルス・フォークトは、1970年生まれ。その繊細かつ情熱的な演奏で、世界中で活躍しています206年には来日し、NHKでもその演奏が放送されました。曲の持つ内実を探り当てようと、音に集中し切るその姿は、最近では稀な求道的とすら言えます。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 16:08| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

モーツァルト/セレナード第10番変ロ長調 K.361 《グラン・パルティータ》

0012d303_medium.jpg
管楽器だけで演奏される「グラン・パルティータ」は、モーツァルトらしい喜びやユーモア、憂愁と悲哀に満ちた佳曲です。



続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 13:54| 大分 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

シューベルト/ピアノ・ソナタ第18番、第13番(田部京子)

COCQ-83189.jpg
シューベルトのピアノ・ソナタは、ベートーヴェンのソナタのような堅固な構成感には欠ける反面、ひらめきと詩情に満ちています。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 18:30| 大分 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

ブラームス/後期ピアノ曲集(アファナシエフ)

61XEP0N8E4L__AA240_.jpg

ブラームスという作曲家はアンビヴァレントなところがあります。古典的なのかロマン的なのか、静謐なのか激しいのか、禁欲的なのか快楽を求めているのか、それらどちらもがその作品の中に混在しています。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

ベートーヴェン/幻想的なソナタ集(ピレシュ)

403.jpg

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ(全32曲)は、ピアニストにとっての「聖典」。そのため、録音もたくさんあります。一生のうちに、全曲録音を複数回行ったピアニストも少なくはありません。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

ショパン/練習曲集(小菅優)

115.jpg

ショパンのピアノ曲は、どれもが小品でありながら、それぞれの曲が多彩な内容に満ちています。「練習曲(エチュード)」は、特にその多彩さで際立っています。しかし、技術的にも難しい曲が多いために、ショパンの詩情には思いを寄せず、難しさをクリアする誇らしさで、かえって曲を傷めつけるように弾く演奏家も少なくありません。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

フランク/ヴァイオリン・ソナタ イ長調(ミドリ)

Midori Frank.JPG

クラシック音楽をある程度聴き続けてくると、ある曲に対して「この曲1曲の中に音楽のすべてがある」と思うことがあります。バッハの「無伴奏もの」や「受難曲」、モーツァルトのオペラ、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲などがそうです。そして、この曲もその一つです。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

サティ/ジムノペディ ほか(高橋悠治)

3879196544_70fbc2c103.jpg

先日大分市で、メゾ・ソプラノ歌手 波多野睦美さんと、ピアニスト 高橋悠治さんのコンサートがありました。最上の歌と最上のピアノに心の奥まで震えました。演奏会は、中世から現代のものまで、幅広いプログラムでした。その中で、このサティも演奏されました。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番(フォークト/ラトル)

B000002RYH.09.MZZZZZZZ.jpg

「音楽による癒し」と言えば、モーツァルトが一般的ですが、人間の弁証法的な試行錯誤と強固な意志の力を体現している音楽は、むしろベートーヴェンです。その意味で、ベートーヴェンは私たちを肯定し励ましてくれます。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲(スターン他)

61O2nVzcUFL._SL500_AA240_.jpg

メンデルスゾーンは、ヴァイオリン協奏曲や交響曲「イタリア」、ピアノの「無言歌集」などで知られています。メロディが親しみやすい一方、深みに欠けるとの評価もあります。しかし、彼の室内楽は違います。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

シューマン/詩人の恋(ボストリッジ)

bostidge2.gif

1曲目、嬰へ短調の「美しい月、5月に」が始まった途端、愛する人へのかなわぬ想いが、聴き手の中にしみ渡ってきます。5月とは、新緑のまぶしい季節である一方で、人をこのような物思いへと誘い込むような物憂げな時なのかもしれません。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

グリーグ/抒情小曲集(アンスネス)

toce55420.jpg

「ペール・ギュント組曲」や「ピアノ協奏曲イ短調」で有名な、北欧ノルウェーの作曲家グリーグの、ピアノ小品集「抒情小曲集」。冬の夜長に聴いていただけるCDです。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(1) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

ピアニシモ(田部京子)

tabe.jpg

田部京子さんは、日本の若い演奏家には珍しく、音楽をいったん自己の中に沈潜させ、そこからもう一度生まれてくるものを表現することができる稀有な音楽家です。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

バッハ/ヴァイオリン協奏曲集(ハーン)

hilary_hahn_bach.jpg

バッハの音楽は常に脳を刺激し、精神を安定させます。BGMとしてはモーツァルトよりもむしろ向いているかもしれません。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ジョン・フィールド/ノクターン集(オコーナー)

51aXSGvzQBL__SL500_AA280_.jpg

「ノクターン(夜想曲)」というと、まずは誰でもショパンの作品群を思い浮かべると思いますが、実はショパンは、フィールドに影響を受けて、ノクターンを作ったのです。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

アリアーガ/弦楽四重奏曲集(カザルスQ)

l96685yokhh.jpg

スペインの作曲家、アリアーガをご存知でしょうか。モーツァルトの死後、ちょうど50年後の同じ誕生日に生まれたことから、モーツァルトの生まれ変わり、と言われている天才です。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

モーツァルトの「ハイドン・セット」(ジュリアードQ)

2580814-1.gif

先輩作曲家ハイドンに激賞され、後に彼に献呈された6曲の四重奏曲は、モーツァルトの室内楽の中でも味わい深い作品群です。どの曲も、一生聴き続けられるだけの魅力があります。
続きを読む
posted by 紫雲国語塾 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫雲のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする